Summilux-M 35mm F1.4 1st

Summilux-M 35mmは1960年にはじめて発表されたレンズである。このレンズはライカのレンズの中でもクセ玉として有名で、個体差はあるが開放時において滲みとゴーストがひどく、一時は安値で売られていた。しかし少し絞るだけで、現代のレンズにはない優しさをもったシャープな画像が撮れる。近年ではこのクセがかえってレンズの個性となり、初期のものは高値で取引されている。現代レンズにない優しい描写もさることながら、私はこのレンズのコンパクトさとおしゃれなフードデザインが好きで、お気に入りのレンズの一つになっている。このフードにはシリーズ7のUVaフィルターが組み込まれている。こちらは1983年製のレンズ。





<     撮 影 作 品 例    >
画像修正などは行なっておりません。








夜のたまプラーザ周辺(いずれもF1.4での撮影)







夕暮れ近い箱根宮ノ下

駅前のカフェのウインドウに飾られたおひな様たち


箱根湯本あじさい橋から見た早川の流れ


浅草六区通りの道標を撮ろうとしたら、ファインダーの向こうに白い百合が…

近くで撮る勇気が出ず、遠目になってしまった。

拡大すると、やはり浴衣美人だった。

ご案内